治療で脊柱管狭窄症を治す|いわゆる背骨の中身のこと

先生

腰痛への手術と対症療法

カウンセリング

腰痛の特徴と注意点

腰部脊柱管狭窄症とは、背骨に囲まれた脊柱管という空間が狭くなり、その中を通っている神経が圧迫されて起こる疾患です。症状は、腰痛が主なもので、それ以外にも腰の違和感・痺れ、張りが起こります。また、歩いていると足が痺れてきて、休むと治まるという「間欠跛行」という症状もあり、このような症状現れたら、整形外科へ早期受診して、治療を行う必要があります。腰部脊柱管狭窄症は加齢が主な原因ですが、重いものを持つ仕事や、長時間の運転をする仕事の方にもなりやすいのが特徴です。そのままにしておくと症状は改善しませんので、早期に原因を突き止め、生活を改善する必要があります。また、個人の判断でマッサージや鍼灸にすることも、症状を悪化させる原因になることもありますので、注意が必要です。

手術とその他の対症療法

腰部脊柱管狭窄症の治療は大きく分けて、手術をする方法と、手術をしない保存療法の2つに分けられます。ただし、加齢に伴って起こる変性疾患であるため、手術は根治的なものではありません。排尿障害などの重篤な症状が出たときなどに、手術に踏み切る場合がありますが、多くは保存療法で経過を見ます。保存療法は、薬物療法、神経ブロック療法、温熱療法、牽引療法、リハビリなどの治療方法があります。腰痛が日常生活に大きく影響する疾患ですので、その症状に合わせた治療を行っていきます。特に、リハビリでは、インナーマッスル療法が人気です。脊柱管狭窄症自体を治すことはできませんので、その周りの体幹や骨盤の筋力をつけて、脊柱を支える力を強める治療方法です。この他、日常生活上で正しい姿勢や運動をするよう、医師やリハビリ担当者から指導を受けながら生活する必要があります。