治療で脊柱管狭窄症を治す|いわゆる背骨の中身のこと

先生

腰痛やしびれが出る病気

患者とナース

高齢になると発症しやすい

背骨には骨に囲まれた空間があります。その空間が積み重なってできるのが脊柱管です。脊柱管の中には神経が入っており、それを守る働きがあります。しかし加齢などによって背骨を構成している骨などが弱くなり、脊柱管が変形しやすくなります。そうなると中の神経が圧迫されて腰痛や下肢のしびれなど様々な症状が発生します。これを脊柱管狭窄症といいます。脊柱管狭窄症を防ぐには、若い頃に重労働や重い物をもつ仕事で無理をしないことです。また車の運転を長時間している人も加齢によって発症しやすくなるので注意が必要です。腰痛が起こったり腰の周りが重かったりして違和感を感じた時は早めに病院で検査を受ける必要があります。特に歩行困難でも前屈みなら歩ける場合は脊柱管狭窄症の可能性があります。

普段からストレッチで予防

脊柱管狭窄症が悪化する前に治療するためには早めに症状に気づくことが大事です。前屈みになると歩けるという症状もそうですが、太股からふくらはぎ、足の裏などに痛みが出る場合があります。階段で躓いたり、足先が持ち上がらないなどの時は検査をします。症状が悪化すると歩行時に尿意を催したり便秘になることもあります。脊柱管狭窄症は手術をしても再発することが多いので、薬や牽引などで治療します。整骨院やマッサージなどで治療する場合もありますが、効果的な治療法はストレッチです。ストレッチをすると血流がよくなって腰痛や痺れを和らげる効果があります。日常生活にストレッチを取り入れる工夫をすると、脊柱管狭窄症の発症を予防することができます。